現在(これから)開催の、 カメのイベント・企画展   

ウミガメ飼育員さんのお仕事体験
【開催期間】通年(事前申し込み制)
【開催時間帯】午前の部:11:00〜。午後の部:15:30〜
【対象年齢 】3歳以上
11歳未満の方は、保護者ご一緒でのご参加が必須です。
18歳未満の方は、保護者の同意が必要となります。
【料金】1,000円/人
【催行人数】最少2人〜最大10人
場所 渚の交番・はざこネイチャーセンター
渚の交番・はざこネイチャーセンター

東京レプタイルズワールド2019冬
日時 2019年11月30日(土)〜12月1日(日)
時間 10:00〜17:00(最終入場は16:45まで)
場所 池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4階 展示ホールA1・A2・A3

神戸レプタイルズワールド2019
日時 2019年4月20日(土)・21日(日)10:00〜17:00
場所 兵庫県神戸市中央区浜辺通5−1−32
神戸サンボーホール 1階大展示場・2階大展示場


博物クリスマス2019 博物ふぇすてぃばる!クリスマス企画
日にち 2019年12月9日(月)〜12月22日(日)
場所 神保町 ギャラリーCORSO(コルソ)
東京都千代田区神田神保町3-1-6日建ビル3F
※カメグッズがあるかはわかりません・・・。

ジャパンレプタイルズショー2019 Winter
日時 2019年1月19日(土)・20日(日)10:00〜17:00
場所 ツインメッセ静岡 北館大展示場(静岡県静岡市駿河区曲金3丁目1番10号)


テーマ水槽「えのすいコレクション2019〜生き物たちのファッションショー〜」
日にち 2019年9月1日(日)〜9月30日(月)
場所 新江ノ島水族館 ペンギンプール前
新江ノ島水族館

ウミガメにタッチ
日にち 土曜・日曜・祝日(約 30分)
500円 ※別途水族館入場料が必要
4歳以上 各日先着20名(小学3年生以下のお子さまは保護者同伴)
当日開館時間から、ウェルカムラウンジで当日券を販売
場所 新江ノ島水族館内 ウミガメの浜辺
新江ノ島水族館

カメふれあい体験
日にち 土曜、日曜、祝日。※曜日により開催時間が異なります。
場所 さいたま水族館 庭池横の「ふれあいプール」
さいたま水族館

エサやり体験、子ガメとのふれあい体験、カメさんの宝探しなど
日にち 土曜、日曜、祝日
場所 日和佐うみがめ博物館カレッタ
日和佐うみがめ博物館カレッタ

ウミガメのフィーディングタイム(給餌タイム)
時間 13:30(約15分間)
場所 名古屋港水族館 南館3階 ウミガメ回遊水槽
名古屋港水族館

2019年度水族館体験スクール「君もドリトル先生になれるか!」ウミガメ
日にち 2019年8月 事前申し込み制。
場所 名古屋港水族館
名古屋港水族館


企画展「カメは春から夏に鳴く」
日にち 2019年5月18日(土)〜9月1日(日)
神戸市立須磨海浜水族園


日本ウミガメ会議 みなべ大会
日にち 2019年
日本ウミガメ協議会

九州レプタイルフェスタ2019
日にち 2019年6月1日〜2日


ぶりくら市2019
日にち 2019年10月6日(日)
場所 神戸サンボーホール1F&2F
要入場料

とんぶり市2019
日にち 2019年11月3日(日)
場所 東京都立産業貿易センター台東館5F&6F
要入場料

カメ DE Show!2019
日にち 2019年11月23日(祝・土)
場所 東京卸商センター(東京都台東区柳橋2-1-9)

カメ DE show バナー

カメ DE Show!in名古屋2020 〜​ ウェルかめ名古屋 〜
日時 2020年3月28日(土)10時〜16時
場所 名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール) 第2ファッション展示場(西)




 管理人からのお知らせ 

2011年11月20日

人食い大亀の伝説

島根県松江市にある月照寺。
この月照寺は、小泉八雲が墓所にしたいと思ったそうです。

【神々のふるさと 山陰】観光ポータルサイト 月照寺の大亀によると、この月照寺には、人食い大亀の伝説があるとのこと。

以下、【神々のふるさと 山陰】観光ポータルサイト 月照寺の大亀から一部抜粋〜

〜人食い大亀の伝説〜
城下町、松江をこよなく愛した小泉八雲ことラフカディオ・ハーン。彼は妻の小泉セツが、夜な夜な語り聞かせる怪談を数多くの著書に残した。ここ月照寺にいる大亀の石像もハーンの随筆に登場する。このような話で・・・・。
松平家の藩主が亡くなった後、亀を愛でていた藩主を偲んで大亀の石像をつくった。ところが、この大亀が夜になると城下で暴れ人を食らうようになった。困り果てた住職が深夜、その大亀に説法をすると、大亀は涙を流して住職にこう頼んだという。「わたしにもこの奇行を止められません。貴方にお任せいたします」。そこで亡くなった藩主の功績を石碑に彫り込み、その石碑を大亀の背中に背負わせてこの地に封じ込めたと云う。

お問い合わせ先 0852-21-6056(月照寺)
所在地 島根県松江市外中原町179
アクセス ●JR松江駅からバス15分、内中原小学校前下車徒歩5分
● JR松江駅レイクラインバス20分、月照寺前下車

抜粋ここまで〜

石碑の乗った大亀は、かなり大きいらしいですよ。
亀を愛でていたという藩主、ステキ!

亀も月も好きな私は、お寺の名前すらステキに感じるなー。
一度は行ってみたいところですね。

詳細は、【神々のふるさと 山陰】観光ポータルサイト 月照寺の大亀へ。

posted by 泉月-senri- at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 亀にまつわる伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする